節約!SIMフリースマホで格安SIM生活

15年通信業界に携わっている人がSIMフリースマートフォンと格安SIMを熱く語ります

SIMフリースマートフォンとは?

f:id:takapimp:20190804140736p:plain

 

ちゃお

みなさんこんにちわ

前の記事では格安SIMについてご説明させていただきました。

当然格安SIMを使うならそれ用のスマートフォンを…

ともお考えだと思いますが

大きく分けて三つのスマートフォンのタイプが利用できます。

 

3つのスマートフォンのタイプ

  1. 今使っているスマートフォンをそのまま使う
  2. 白ロム(中古スマートフォン)を購入する
  3. SIMフリースマートフォンを購入する

 

上記のメリットとデメリット、利用、購入する際の注意点をご説明していきます。

 

3つのタイプのメリット、デメリット、注意点

 

 

自分が使っていたスマートフォン

これはスマートフォン本体はそのままに

今使っている契約のみ解約して格安SIMを契約する、または番号そのままで格安SIMを契約する場合です。

 

メリット

使い慣れたスマートフォンをそのまま使える

データ移行の必要がない

初期費用が抑えられる

 

デメリット

SIMロック解除の必要がある

注意点

解約前に故障、劣化がないか、点検、修理に出すことをオススメします。

 

続いて

白ロム(中古スマートフォン)の購入

これは白ロム販売やオークションなどで中古品を購入する場合です

 

メリット

幅広い価格帯からスマートフォンを選べる

おサイフケータイ対応が多い

防水対応が多い

 

デメリット

スマートフォンの契約者が分割で購入している場合、端末料金の未払いなどで使えなくなる可能性がある

開封品以外は使っていたものが多い

 

注意点

購入先が個人でない場合、購入後の保証などアフターサービスがしっかりしているか確認する

価格が安いからとむやみやたらにオークションなどで購入しない

 

最後は

SIMフリースマートフォン

各家電量販店やネットショップなどで通信契約をしなくても購入できるスマートフォンです

 

メリット

幅広い価格帯から端末が選べる

キャリア製品にないような特殊な機能を搭載しているモデルがある

デュアルSIMのスマートフォンがある

 

デメリット

おサイフケータイ対応スマートフォンが少ない

防水対応スマートフォンが少ない

 

注意点

格安SIM各社で多数のキャンペーンをやってますので、購入先、購入タイミングを見極めないと損

20000円~40000円くらいの端末を買うとキャリアのスマートフォンと比べがっかりすることが多い(これは後日書きます)

 

大体こんな感じです

 

各々どんな利用を想定しているか?

どのくらいのコストで抑えたいか?

が重要になってくると思います

 

次回は

SIMフリースマートフォンを買うとがっかりする?!その理由

です

 

ではまた