節約!SIMフリースマホで格安SIM生活

15年通信業界に携わっている人がSIMフリースマートフォンと格安SIMを熱く語ります

プロが教える?!写真が綺麗なカメラ搭載Androidスマホの選び方【その2】

f:id:takapimp:20190814213258j:plain

ちゃお

お盆休みがある方はいかがですか?
事故や怪我にはくれぐれもご注意くださいね

私と同じようにお盆休みがない方
まぁ一緒に…ぼちぼち…がんばりましょう…(ToT)

写真が綺麗なカメラ搭載のスマホ
どんな数字を気にしたらいいのか?
という話をさせていただきました。

今回は複数カメラを搭載しているモデルではどんなカメラがついていて
それがどんな方におすすめか?
という話を書きたいと思います。


複数カメラモデルの特長とメリット

最近のスマートフォンは複数カメラの比率が一気にあがり
複数カメラモデルの戦国時代といってもいいほどに種類は豊富になってきています
しかしながら実は各社同じシステムではなく違う構成の場合も多いです
それを紹介していきます
正直構成まで書くとわかりずらいので
メインになるカメラ以外でどんなものが搭載されているか?を書いていきます

深度測定用

比較的安価なスマホに多く搭載されているのがこのパターンです
背景にボケ味をつけるための情報を画像が少ないカメラのほーで行っている
というタイプです

深度測定用のメリット

あくまで一つのカメラでボケ味をつけるものより細部まで自然にボケ味がつけられるというメリットがあります
他にも非公式ですがメーカーごとに光を多く取り込むとかあるらしいです
以下製品が深度計算用のカメラ搭載スマホです

ASUS ZenFone Max Pro (M2) SIMフリー + OCN モバイル ONE【スマホセット】【音声契約必須】

HUAWEI nova lite 3 SIMフリー + OCN モバイル ONE【スマホセット】【音声契約必須】

ズーム撮影用

これは単純にズーム撮影用ですね
スマホのカメラにもズームがついてるじゃん!」
という人もいると思いますが基本デジタルズームですね、ただ拡大しているだけです
そしてこのズーム用のカメラがついているモデルは
カメラでいうところのズームレンズがついているのと同じです
画像が荒くなったりしないで遠くのものが撮影できます

ズーム撮影用のメリット

当然遠くのものが綺麗に撮影できるんですが
基本スマートフォンのカメラは広く撮れるようになっているので肉眼より少し遠く感じる写真になります
ちょっと近くでもすごく遠くでも綺麗に撮影できることによって
こんなシーンに向いていると思います。

  • 動物園や神社仏閣など入れない場所の撮影
  • 人混みで近寄れない場所
  • 単純に届かない距離や高さがあるものの撮影

などでしょうか
ついていたらついていたで使い勝手がいいため、写真をよく撮るかな?と感じる方は搭載モデルがいいと思います

ワイド撮影用

ちょっと広く撮影したいとき
後ろに下がるしかないですが、カメラの切り替えで簡単に画角を広くすることができます
レンズの構造上多少端に歪みがでますが広く景色を撮る際には気にならないかと思います

ワイド撮影用のメリット

広く撮れるメリットの他、HUAWEIの機種ではマクロ(接写)撮影にも対応しているモデルも存在します
マクロも利用できると花やとても小さいものを撮影したの迫力が違います
桜の花にこれくらい寄れちゃいます
f:id:takapimp:20190812222519j:plain
悪くないでしょ?
ワイド撮影はやっぱり風景撮影ですね
高い場所から撮影するときにダイナミックに撮影できると思います。

HUAWEI Mate 20 Pro SIMフリー + OCN モバイル ONE【スマホセット】【音声契約必須】



その他

モノクロカメラ→光を多く取り込み、陰影をはっきり出す
動画用カメラ→動画専用にチューニングされたカメラ
暗所用カメラ→暗い場所で明るく撮影できる高感度カメラ
など搭載してるものがありますが多くないので今回は割愛します。

いかがでしたか?
カメラが複数搭載されていても機能や役割が実は違います

次回の
プロが教える?!写真が綺麗なカメラ搭載Androidスマホの選び方では
実際におすすめのスマートフォンをご紹介します
おたのしみに

ではまた
ナイススマホ!!